気をつけたい、動脈硬化や高脂血症のリスク

年齢を重ねるにつれて心配する必要が高まってくる病気に、高脂血症があります。

いわゆる「コレステロール値に異常がある」状態であり、肥満や生活習慣の乱れが原因となることも多いですが、遺伝や体質でなる方も多いので、全ての人が気を付ける必要がある病気です。

高脂血症の症状が長く続くと、動脈硬化が進み、脳出血や脳梗塞のリスクも大きくなっていきます。

脳の病気は闘病中の苦しみだけでなく、場合によっては治療が終わっても長いリハビリテーション等が必要になることもあり、大変辛いものです。

高脂血症にならない為に、若いうちから意識した行動を取ることが大切です。例えば、食生活の改善は大いに効果を発揮します。

脂肪分や糖分の過剰摂取に気を付け、バランスの良い食事を心がけましょう。また、適度な運動も大切です。

気分転換にもなりますから、体を動かすような趣味をひとつ持っておくといいですね。

ちなみに善玉コレステロールはむしろ摂った方がいい脂質です。高脂血症を気にするあまり、すべての油脂をカットするのはよくないです。

油をカットすると肌がカサついたり、食事の腹持ちが悪くおやつを食べたくなったりするので、適度な油は摂りましょう。オリーブオイルや魚の脂は摂っても構いません。

また、病気は発見の速さが重要なポイントにもなります。高脂血症は自覚症状の少ない病気ですが、動悸や浮腫み等いつもと違う体の変化に気付いたら、かかりつけの内科や、専門的な循環器科にて早めに診てもらうようにしましょう。

 

注目の成分・オメガ3と中性脂肪への効果

ヘルスケアやダイエットを意識している人々の間で、最近注目されている成分「オメガ3」。

植物性の油の一種であり、青魚やエゴマ油等に多く含まれています。この成分は、中性脂肪の多い方に特にオススメの成分です。

オメガ3は中性脂肪の合成を妨げる効果があるとされており、体の中で中性脂肪が増えていくのをブロックしてくれるからです。

脂肪が気になるのに、油を摂るのか?と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、良質な油にはそのような体に良い働きをする成分が沢山含まれているんですよ。

また、血液中では細胞膜の流動性をアップさせ、血管をしなやかにする効果も示します。血管が硬くなると動脈硬化のリスクも高まるので、血管の柔らかさはとても大切です。

最近ではそんな優れた効果に着目し、オメガ3を含んだ様々なサプリメントも販売されています。それら内臓脂肪サプリ比較をして利用するのも構いません。

しかしサプリみたいな化学的なものだけでなく、魚等自然由来のものからも摂れるので、食の安全性に拘る方も取り入れやすいですよね。